ネット証券ニュース、適時開示情報の紹介、インサイダー?情報など、株式投資で必要な情報を提供します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<株売買単位見直し>


<株売買単位見直し>東証に新たな課題 調整は難航も

 2日の参院予算委員会で、東京証券取引所の西室泰三社長兼会長と与謝野馨金融・経済財政担当相がそろって株式の売買単位の見直しを表明し、東証にまた新たな課題が浮上した。株式の売買単位がバラバラなことが、昨年来相次いだ誤発注や売買システムの障害の一因になった。売買単位統一のための事務手続きなど、企業側には負担を嫌うムードも強く、今後の調整は簡単ではない。
 株式の売買単位は米国市場が原則100株なのに対し、日本市場は1、10、50、100、200、500、1000、2000、3000の9種類もある。東証でも7種類あり、1000株単位が主流だ。1月の日興シティグループ証券の誤発注は、日本製紙グループ本社株を2株買うところを2000株と間違えた。同株の売買単位は1株だが、合併前の旧日本製紙時代に1000株だったため混同した。
 西室会長は、09年に株券が電子化され、株券の発行がなくなるのに合わせ、証券のプロも間違える売買単位の見直しを検討すると表明した。
 東証は、上場企業に売買単位の引き下げを促してきた。実際、引き下げが個人投資家のすそ野を広げた効果があったが、株券発行の経費負担増もあって消極的な企業は多い。売買単位の引き下げは議決権の単位の引き下げも意味するため、「株主対策上、嫌う企業は多い」(市場関係者)。
 逆にライブドア以外にも売買単位が1株の企業は東証だけで242社にのぼる。なかにはNTTドコモなど株価が高い企業もあり、最低取引単位が高額になり、投資家が手を出しにくくなる。このため、「売買単位の統一は事実上不可能」(大手証券)との見方も強い。【後藤逸郎】
(毎日新聞) - 2月2日22時20分更新

確かに単位の統一もいいかもしれないが、現実は無理でしょう。
今でも1株100万円の株が多くあることを考えれば、投資単位を引き下げるべきだと思う。
システム障害で個人投資家が起したような言い方もされているが、それは問題のすり替えであって、ただ、東証のシステムが弱いだけの話です。
世界的に見ても個人投資家を締め出すような国はない!
投資単位を引き下げて個人投資家の参加をプラスに捉えられないとダメである。
そのかわり、1000円とか、9万9800円などの、値幅を見直せばいいのではないかと思う。
投資単位を変えることは株価に影響を与えてしまうが、例えば1000円台の株は今は1円単位で動いているのを10円単位で動くようにすれば、これだけでもシステムの負担は減るはずです。
しかも、株価にも影響はないでしょう!
東証さん、そんな所からでもいいですよ!!!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
はじめまして(^^
はじめまして。
アフィリエイト副業生活のすすめ、ばくと申します。
ブログ情報ポータルから訪問させていただきました。

ネット収入ブログで頑張っていますね(^^
是非、今年も成功されるよう頑張って下さい(^^

わたしは昨年10月末にブログ開設しました。ですので、まだブログ歴3ヶ月の初心者をちょっと出たくらいの駆け出しですが、日々アフィリな情報を提供させてもらっています。
また、現在「日本ブログ大賞2006」というのが開催しており、当ブログもエントリーしています。
各部門賞を受賞すると、誌面に掲載されるらしいです。

トップページでも紹介してますので、ぜひご覧になってみてください。 応援していただけると更に嬉しいです(^^
応援(投票)いただいた方々には当ブログのトップページに貴ブログを紹介させていただきます!どうぞよろしくお願いします。
2006/02/03(金) 17:03 | URL | ばく@アフィリ副業すすめ #nGdA3O4A[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ceanet.blog7.fc2.com/tb.php/141-42bade54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。