ネット証券ニュース、適時開示情報の紹介、インサイダー?情報など、株式投資で必要な情報を提供します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホリエモンの功績!


CIOにNTTデータ子会社社長=上場棚上げしシステム増強-東証

 東京証券取引所は24日、IT(情報技術)分野全般を統括する執行役員待遇の最高情報責任者(CIO)に、NTTデータフォースの鈴木義伯社長(57)を2月1日付で招く人事を発表した。鈴木氏は、東証のIT戦略を主導。取引障害の再発防止や、次世代システムの構築などに取り組む。24日会見した東証の西室泰三社長によると、2006年度から3年間で500億円以上を投じ、取引システムを増強する方針だ。
 西室社長は会見で、現在策定中の、06年度から3年間の中期経営計画に関し「必要なシステム投資は惜しみなく行う決心をしている」と強調。システム強化に最優先で取り組むため、東証自らの上場については「当面棚上げする」と述べた。 
(時事通信)

今回のライブドア事件により、ようやく東証は重い腰を上げ始めています。
ホリエモンの罪は消えないし、罰せられて当然ですが、多くの隠れた功績を残したようにも思います。
100分割する事によって、新株までのタイムラグをついたことによる見直し、東証のシステムが世界的に見ても脆弱であることの露呈など、ある意味その功績も大きいような気がします。
大証がそうだったように、いつまでたってもシステムの増強を先延ばしできなくなりました。
もし、今回の事件がなければ、東証もウダウダやっていたことでしょう。
最後まで、ホリエモンでした!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ceanet.blog7.fc2.com/tb.php/137-add2e1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。