ネット証券ニュース、適時開示情報の紹介、インサイダー?情報など、株式投資で必要な情報を提供します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


USEN特集


フィデリティ投信が12月26日付けでUSENの発行株式総数の10.02%(753万5970株)を保有している。
前回の保有比率が6.94%(約522万株)なので3%超(約230万株)を買い増している。

チャート的にも過熱感もなくむしろこれから物色される時が来るのは想像できる。日足でも週足でもおもしろい。
一旦調整?それともこのまま??
第一四半期決算で売り込まれたものの、証券会社のレーティングでは投資判断も目標株価も変わってない。
大和総研が3600円、CSFBが4020円。
第一四半期決算で売り込まれたのは大口の玉集めの為であると予想されるが、そこをフィデリティ投信は買っていったのでは??
高値辺りからの急落に会わせて買いましたのは予測できる。
しかし、会社四季報でいくと浮動株は3.1%しかない。
浮動株が少ないのにそれだけの株があるという事は、空売りした証券会社がある???
もしくは玉が少ないので集めてる??

年末の大型株物色ブームで完全に乗り遅れたのはこういう事情があったからではないのか?
4000円になるも近い?
どっちに転んだとしても大口の動向がおもしろい。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。