ネット証券ニュース、適時開示情報の紹介、インサイダー?情報など、株式投資で必要な情報を提供します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


適時開示情報


6870  日本フェンオール  平成18年12月期(平成18年1月1日~平成18年12月31日)中間業績予想及び通期業績予想の修正について

3345  日本エコカ工業  通期業績予想の修正及び特別利益の計上についてのお知らせ

4310  (株)ドリームインキュベータ  投資/支援先であるバンクテック・ジャパン(株)の株式上場承認について

4666  パーク24  平成18年10月期 第3四半期財務・業績の概況(連結)

2425  (株)ケアサービス  平成19年3月期業績予想の修正に関するお知らせ

7617   オオゼキ  東京証券取引所市場第二部への上場承認のお知らせ

8697  (株)大阪証券取引所  株式の分割に関するお知らせ

7708   フォトニクス   平成18年6月期決算短信(連結)

4755  楽天  連結子会社における会社分割によるクレジット事業部門の譲渡契約の締結及び特別損失発生のお知らせ

8704  トレイダーズ証券(株)  業績予想の修正および期末配当予想の修正に関するお知らせ

楽天の特別損失とトレイダーズ証券の下方修正。
パーク24の好決算で駐車場関連がくるかも?


スポンサーサイト

4755 楽天がやばい!


○○ショック?⇒マジで

こんなのも見つけました⇒[TBS株で大口時間外取引の巻]


楽天証券の中の人がWikipediaから業務改善命令とマーケットスピードの欠点を削除を認める。



一部の報道におきまして、インターネット上のフリー百科事典「ウィキペディア」にて弊社に関する掲載内容が、弊社のIPアドレスを経由し削除されている旨が伝えられておりますが、本件につきまして事実関係を調査しましたところ、弊社の従業員が弊社内より行ったものであることが確認されました。

弊社従業員の不適切な行為により、お客様をはじめ各方面の皆様をお騒がせし、大変ご迷惑をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

弊社といたしましては、すでに行為者の社内処分を実施いたしました。今後同様の事態を招くことの無いよう、改めて社員教育を実施し、再発防止に取り組んでまいる所存であります。

楽天証券株式会社
代表取締役社長
國重 惇史


適時開示情報



2350  オックスホールディングス  業績予想の修正に関するお知らせ 

7708   フォトニクス  平成18年6月期業績予想の修正に関するお知らせ 

4830   サンライズ・テクノロジー  平成18年9月期 第3四半期財務・業績の概況(連結・個別) 

3399   丸千代山岡家  平成19年1月期中間期業績予想の修正に関するお知らせ 

9827  リリカラ  平成18年12月期通期(非連結)業績予想の修正に関するお知らせ 

2788  アップルインターナショナル  平成18年12月期中間決算短信(連結)

3372   関門海  業績予想の修正に関するお知らせ 

6656  インスペック  平成19年4月期 第1四半期財務・業績の概況(非連結) 

6432   竹内製作所  平成19年2月期中間期および通期業績予想の修正に関するお知らせ 

4339  スターキャット・ケーブルネットワーク  平成19年3月期業績予想の修正に関するお知らせ 

新興の小型株に下方修正が多い。
上方修正するところは、いい数字出してくるが、下方修正の方もそれなりの数字がでてきています。
明日は、サンライズ辺りのボロ株をマーク?


楽天証券の中の人がWikipediaから業務改善命令とマーケットスピードの欠点を削除。


ネット証券blog2の指摘。

[投票]楽天証券が自社の不利益情報をウィキペディアから削除したとの報道。企業の姿勢としてどう思う? - Yahoo!投票(右下から投票できます)


マーケットの声=9月半ばまでは1万5500円~1万6500円のボックス圏と


 ジーク証券 投資調査室長・水谷秀夫氏――「基本的には中間決算発表までは材料不足と見ている。よって、平均株価は9月半ばまでは、1万5500円~1万6500円のボックス圏内で頭が重い展開だろう。1万6000円台に入ると、短期的な騰落レシオの過熱感から戻り売りが出てくる。また、9月15日はアメリカで3種類の株式派生商品の最終売買日が重なるトリプルウィッチの日であり、ここを無事通過できれば10月の中間決算発表へ向けアク抜けの展開を期待できるだろう」。


松井証券が株主優待精度を変更


変更前 変更後
(対象株主)
3月末および9月末時点で、松井証券株式を1,500株以上所有している株主
(優待の内容)
会社四季報(東洋経済新報社)
3月末対象株主:「夏号」および「秋号」
9月末対象株主:「新春号」および「春号」
(対象株主)
3月末および9月末時点で、松井証券の口座に(※)松井証券株式を1,000株以上預託している株主
(優待の内容)
「会社四季報誌面データ」および「同最新銘柄レポート」(東洋経済新報社)の松井証券会員画面内での閲覧
3月末対象株主:6月中旬から6か月間有効 9
月末対象株主:12月中旬から6か月間有効


適時開示情報



9611  ディーワンダーランド  平成18年9月期通期業績予想(個別)の修正に関するお知らせ 

9439   ビーアイジーグループ  平成18年6月期通期業績予想(連結)の修正に関するお知らせ

2341   アルバイトタイムス  中間業績予想の修正に関するお知らせ

4832  JFEシステムズ  特別損失の計上及び業績予想の修正に関するお知らせ

8993   アトリウム  平成19年2月期中間・通期業績予想(連結・個別)及び期末配当予想の修正(増配)に関するお知らせ

1965   テクノ菱和  平成19年3月期 中間業績予想および中間配当予想の修正に関するお知らせ

9449  GMOインターネット(株)  株式会社ドリコムの株式売却に関するお知らせ

5110  住友ゴム工業  業績予想の修正に関するお知らせ 



酷評相次ぎソフトバンクショック走る--目標株価900円も


 先週末の8月25日、株式市場に再びソフトバンクショックが走った。同日のソフトバンクの終値は前日比230円安(9.7%下落)の2140円と急落、この1銘柄だけで、日経平均株価を28円(同日の日経平均株価は前日比21円安)も引き下げる結果となった。

 ソフトバンク株価急落の直接の原因は、外国証券のリーマン・ブラザーズが8月24日付で「あと2つある大きな懸念材料」と題して発表したソフトバンクについてのリポートで、投資判断を「アンダーウエイト」、目標株価を従来の1125円から900円に引き下げたことだった。

 同リポートでは、ソフトバンクがボーダフォン日本法人の買収に際して支払った買収費用1兆8350億円に対して得られた有形固定資産の増加分が 5370億円と少なかったことや、同社のADSL事業のキャッシュARPU(1加入者当たりの実質現金収入)は2863円に過ぎず、ブロードバンドインフラ事業の正味現在価値はすでにマイナスになっている可能性があることなどを取り上げた上で、ソフトバンクの負債額の増加を懸念材料視したものだ。

 これについて、準大手証券の投資情報部では「実際には、リポートの内容よりも、時価と比較して半値以下の極端に低い900円という目標価格だけが個人投資家に衝撃を与え、見切り売りと目先狙いの空売りを誘い、これが株価の急落につながったようだ。ソフトバンクについては、メリルリンチ日本証券が7 月6日付けで公表したリポートで投資判断を新規に“売り”とした上で、目標株価に関しても当時の株価(2600円水準)を大きく下回る約1800円と設定したことが個人投資家に大きな動揺を与え、7月19日には一時1900円を割り込み、年初来安値1894円まで下落した記憶が甦ったことが背景にあるのではないか」としている。

 その後、8月8日にソフトバンクは2006年4~6月期の連結決算を発表し、営業損益が543億円の黒字(前年同期は31億円の赤字)、最終損益も14億円の黒字(同111億円の赤字)と黒字転換したことが好感され、株価も戻り基調となり2400円水準まで回復していた。ただ、市場関係者の多くは、秋からスタートする携帯電話のナンバーポータビリティ(電話番号持ち運び)制度に向けての多額な設備投資やブランド変更費用に対して、本当にソフトバンクが携帯電話で勝ち組となり、収益を向上させることができるかどうかを見守りたいとの積極的な判断を避けるスタンスだ。

 第1四半期の好決算を発表したにもかかわらず、三菱UFJ証券も8月14日付けで新規に「4(やや弱気)」とする投資判断を設定した上で、目標株価に関してはメリルリンチとほぼ同じ1870円と設定するなど、アナリストの同社に対する見方は弱含みの方へと傾いているようだ。当面は9月下旬にも明らかにされる携帯電話の新たなサービス戦略に関心が集まりそうだ。

 外国証券のベテランアナリストは、「今回ソフトバンクの目標株価を900円としたリーマン・ブラザーズ証券は、今から6年半前のITバブル期末期の2000年2月3日に“ソフトバンクの目標株価をそれまでの10万円から40万円にする”というリポートを出して市場に衝撃を与えた過去がある。株価は短期間に急騰したものの、それからわずか2週間後の2月15日にソフトバンクの株価は19万8000円という上場来高値の大天井をつけて、一気に奈落の底に落ち込み、ITバブル崩壊を象徴する結果となった」と皮肉を込めて話している。


GMOインターネット証券がIPOの取扱開始


IPO手順【抽選方法について】

当社では、コンピュータを用いて乱数(無秩序にしかも出現の確率が同じになるような数字の列)を生成し、購入申込者に対して割り当てます。この割り当てた乱数を大きい順に並び替え、上から順に当選者を決定します。この抽選はすべてシステムにおいて行うため、人為的な作業が入ることはありません。

また、購入申込株数に係わらず、まず上から順に最低申込単位株数ずつを割り当て、すべてのお客様に対し割り当てが可能だった場合にのみ、再度最低申込単位株数を割り当てます。

銘柄コード:2122 | 東京マザーズ (株)インタースペースより開始です。

インタースペースは、インターネットを活用して事業展開している企業向けに、インターネットを活用したプロモーションに関して、下記のサービスを提供しております。

1. アフェリエイトプログラムのサービスを提供する「アクセストレード」の運営。
2. インターネット上で商品情報や価格などが検討できる、価格比較サイトの「ベストプライス」の運営。









マネックス証券が株式注文画面をリニューアル!


マネックス証券が9/10より株式注文画面をリニューアルします。

<注文画面のデザイン>

・ 市場の選択方法
ラジオボタンからプルダウンメニューに変更します。(信用取引、iモードなどの携帯電話、マーケットライダープレミアムも変更します)
・ 買付可能額、株価情報
買付可能額および現在の株価がすぐに目に入るよう表示位置を画面の上部に移動します。
・ 読みやすさの向上
従来よりも行間を広めにとり、読みやすさを改善します。


<ボタンによる数量、株価の増減機能>

・「+」「-」ボタンで数量、株価の入力が可能になります。


<逆指値、ツイン指値注文の改善>

・「逆指値注文」、「ツイン指値注文」の画面デザインを大幅に変更し、より直感的に入力できるようにします。


<注文約定一覧、連続注文一覧の改善>

・見やすさを考慮し、デザインを一新します。
個別の注文訂正、取消がスムーズになります。


<株式取引メニューの変更>

・現在18個もメニューが並んでいるために重要なメニューが選び難くなってしまっているという反省から、メニューの統廃合を行い、スムーズなメニュー選択ができるようにします。






適時開示情報


4845  フュージョンパートナー 平成18年6月期決算短信(連結)

4188  三菱ケミカルホールディングス 個別業績予想の修正に関するお知らせ 

8889  アパマンショップホールディングス 平成18年9月期 第3四半期財務・業績の概況(連結・個別) 

4819   デジタルガレージ 平成18年6月期決算短信(連結)

4322  イーシステム 平成18年12月期個別中間財務諸表の概要 

9448   インボイス 平成19年3月期 第1四半期財務・業績の概況(連結) 

4740  ニューディール 平成18年6月期 決算短信(連結) 

7956   ピジョン 業績予想の修正に関するお知らせ 

2709   タスコシステム 平成18年12月期 中間決算短信(連結) 

今日の注目は、インボイスです。
先行投資が続いているので、赤字ですがソフトバンク次第です。


<環境融資>大手銀行が積極化 環境ビジネスの成長背景に


 大手銀行が、環境関連の融資を積極化している。社会貢献をアピールしてもうけすぎ批判をかわす狙いや、環境ビジネスの成長に伴って資金需要の拡大が見込まれていることなどが背景にある。融資先を環境ビジネスに特化した専門部署の設置や、風力発電事業向けの融資などの取り組みを進めている。


岩井証券が逆指値サービスを開始!


逆指値岩井証券のインターネット取引サービス「イワイ・ネット」では、お客様からのご要望にお応えし、平成18年8月28日から「逆指値注文」の取扱いを開始します。
「逆指値注文」とは、「指定の株価以上になれば買い注文を出す」、「指定の株価以下になれば売り注文を出す」という一定の条件をつけて発注する注文のことです。通常の指値注文と逆の条件をつけた注文となるため「逆指値注文」と呼ばれています。




ひまわり証券がネット証券最低水準で株式オンライン取引を9月1日から開始!


ひまわり証券
(東京都港区、代表取締役社長 山地一郎、ひまわりホールディン
グス株式会社[ジャスダック上場 証券コード8738]の100%子会社)では、9月1日から、
株式オンライン取引「Hits 株式」を開始します。「Hits 株式」では、現物取引・信用取引
を取り扱います。手数料をネット専業証券会社で最低水準(約定ごとの手数料体系で約定金
額100 万円超の現物取引の場合)に設定したほか、夜間のヘッジ手段の提供や顧客優待プロ
グラムなど、ひまわり証券だけの独自サービスで他社との差別化を図ります。今後1年間で
5万口座(証券総合口座)の獲得を目指します。

株式オンライン取引「Hits 株式」では、現物取引・信用取引とも、1約定につき約定金
額にかかわらず735 円(税込)というシンプルな手数料体系としました。この結果、約定金
額100 万円超の現物取引の場合には、ネット専業証券会社で最低水準となります(*1)。




カブドットコム証券、夜間私設取引市場を上場企業などにも拡大へ


 [東京 9日 ロイター] ネット専業証券のカブドットコム証券<8703.T>は9日、社内規定を変更し、法人口座の対象に上場法人や適格機関投資家を加えると発表した。これにより、近く開設予定の夜間私設取引市場(PTS)に、大口の売買が期待できる上場企業や適格機関投資家を取り込み、取引の活性化を狙う。
 カブコムの現行の口座開設基準によると、同社で口座を開設できる法人は、株式会社、有限会社、合資会社、合名会社のほか、宗教法人などの非課税法人となっている。法人口座の数は順調に増え、今年7月末時点の法人口座数は1841口座。
 これに今回、上場法人と適格機関投資家を加え、近く開設予定の夜間PTSにこれらの顧客を取り込めるようにする。カブコムはすでに、オークション形式によるPTSを運営するための認可を取得しており、近く夜間PTSを開設する予定。
 夜間PTSをめぐっては、業界最大手のSBIイー・トレード証券<8701.Q>とSBI証券、楽天証券の3社連合のほか、松井証券<8628.T>も開設する方向で、ネット証券界の競争が激しさが増す可能性がある。
 ただ、売買が膨らまず流動性が低ければ適正な価格形成は難しくなるため、夜間PTSにどの程度ニーズがあるかを見極めたいとする証券会社もある。
(ロイター) - 8月10日6時43分更新


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。