ネット証券ニュース、適時開示情報の紹介、インサイダー?情報など、株式投資で必要な情報を提供します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホリエモン保釈!


今日の気になるIR

3587 アイビーダイワ ガス生産開始 

3769 GMO 業績予想上方修正 

8556 香川銀行 業績予想上方修正 

4062 イビデン 業績予想上方修正 

1945 東京エネシス 業績予想上方修正 

4308 Jストリーム 業績予想上方修正 

4842 ハドソン 業績予想上方修正 

1930 北陸電気工事 業績予想上方修正 

4751 CA 2006年3月連結業績速報について 

9427 イーアクセス 業績予想上方修正 

8473 SBIHD 決算 

8701 Eトレード 決算 

決算が多すぎるので気になるものだけです。
しばらくは厳選していきます。
SBIは予想通りの決算ですが、Eトレも合わせるとどう動くでしょう?SBIは引け前に売り込まれていたのは振り落とし?もしくはポジション調整のどちらかということになりそうです。
明日は金曜日で後場は注意が必要かもしれません。
ディーラーは手仕舞いするところもあるかもしれないです。
外国人は買い越し、個人は売りこし。

裏を行きますか???

しかし、新興市場はほぼ底打ちのような状態ではないでしょうか???
5月の1日、2日は個人中心に動きそうです。


スポンサーサイト

4314 ダヴィンチアドバイザーズが誤発注????


2006/04/27 14:13
◇<ヘラクレス>ダヴィンチが一時ストップ安――不動産ファンドの一角に売り
(14時5分、コード4314)荒い値動き。一時値幅制限の下限(ストップ安)にあたる前日比2万円安の11万6000円まで下落したが、その後は買い戻されており現在は13万円前後で取引されている。「13時12分に6万株強の大口売りが出た」(準大手証券)のがきっかけ。市場では「誤発注ではないか」との思惑も浮上しており、目先筋も巻き込んで売買が交錯した。
 同時間帯には、ASSET(2337)やケネディクス(東証1部、4321)、パシフィック(東証1部、8902)など不動産ファンドを手掛ける同業他社にも大口の売り注文が出たもよう。〔NQN〕

誤発注


連騰は無理でしたか!


今日の良さそうなIR一覧

7298 八千代工業 決算 

8545 関西アーバン銀行 業績予想上方修正 

6946 日本アビオニクス 決算 

6676 メルコホールディングス 業績予想上方修正 

9433 KDDI KDDIと東京三菱UFJ銀行とのモバイルネット金融事業での戦略提携について 

6345 アイチコーポレーション 決算 

8739 スパークス 自己株式処分 

5804 三菱電線工業 業績予想上方修正 

2725 ITX 業績予想上方修正 

5001 新日本石油 決算 

8615 三菱UFJ証券 決算 

6367 ダイキン工業 業績予想上方修正 

2368 シーエヌエー 業績予想上方修正 

9782 ディーエムエス 業績予想上方修正 

8698 マネックスビーンズHD 決算 

5195 バンドー化学 業績予想上方修正 

4297 ISS 決算 

証券株の好決算が目立ちます。狙うは証券株?
明日はEトレード証券、28日はジョインベスト証券を始める野村HDや松井証券の決算を注目していきたいところです。


外国人は大幅売り越しでした。


今日の寄り付きは外国人は大幅売り越しでしたが、反発してスタート。
やはり、新興市場などは昨日底堅さを感じていただけにリバウンドしました。
ただ、やはりGW前ということもあり、このままいくのか注目したいところです。

今日のIR一覧

6242 日本スピンドル 業績予想上方修正 

8530 中京銀行 業績予想上方修正 

9937 セシール 決算 

6934 新神戸電機 決算 

8942 シンプクレス 決算 

6356 日本ギア工業 業績予想上方修正 

3710 ジョルダン 業績予想上方修正 

2670 エービ-シーマート 自己株式の市場買付 

4768 大塚商会 決算 

8898 センチュリー21 決算増配 

2502 アサヒビール 決算 

4997 日本農薬 決算 

9922 日立機材 決算 

4115 本州化学工業 業績予想上方修正 

6976 太陽誘電 業績予想上方修正 

9767 日建工学 業績予想上方修正 

1938 千歳電気 業績予想上方修正 

2432 DNA 決算 

5702 大紀アルミ二ウム 業績予想上方修正 


日経平均は暴落!!


今日の日経平均は、原油高、円高、自民党敗北、外国人の大幅売り越しなどで、全面安の展開になりました。
今年、1番の下げを記録しました。
ライブドアショックの時は、日経平均が一時700円近い下げもあったと記憶してますが、400円程度の下げでした。
これを上回ったというのは、正直驚きですがこんなこともあるという証明になりました。
新興市場は一部反騰するものもあり底堅さを感じた一日でした。

今日のIR。

2697 コーエーネット ゲームレンタル事業の開始 

8815 東急不動産 業績予想上方修正 

2413 ソネットエムスリー 決算 

6666 リバーエレテック 業績予想上方修正 

8512 大証金 業績予想上方修正 

6314 石井工作研究所 業績予想上方修正 

6708 エプソントヨコム 業績予想上方修正 

4723 グッドウィル 自己株式買い付け 

4559 ゼリヤ新薬工業 自己株式買い付け 

8591 オリックス 業績予想上方修正 

4298 プロトコーポレーション 業績予想上方修正

3749 SBIベリトランス 来期予想 

4203 住友ベークライト 業績予想上方修正 

8939 大和システム 業績予想上方修正 

8897 タカラレーベン 業績予想上方修正 

9760 進学会 業績予想上方修正 

8894 原弘産 決算 

8789 フィンテックグローバル 業績予想上方修正 

8030 中央魚類 業績予想上方修正

9630 アップ 業績予想上方修正 

7704 アロカ 業績予想上方修正 

8393 宮崎銀行 業績予想上方修正 

7510 竹菱電機 業績予想上方修正

9446 エスケーアイ 業績予想上方修正 

増配銘柄
6947、6954、4507、9845、4846、8159、6144、4206、4239、4326、6349、8036、4112、9857、4694、7705、8818、4220、6137、6946

今日も決算期ということもあり、IRは多いですが、業績予想の下方修正も多いです。
ただし、株主対策なのか増配には積極的に感じです。
注目はファナックでしたが、まずまずの決算&増配でした。

明日は、地合次第でしょうか?
デイトレ銘柄は好業績もしくは人気銘柄を中心に見ていけばいいのではないかと思います。


松井証券のネットストックハイスピード


松井証券のネットストックハイスピードは無料で使えるツールとしては最も優れているといっても過言ではありません。

どこの証券会社も無料の株価ボードを使うことができますが、それに比べれば遥かにいいです。

itaサンプル画面

ミニ板情報一覧。
1画面に20個表示可能です。
黒背景バージョンです。



ggサンプル画面2

板情報、歩み値、チャート、ニュース、登録銘柄と連動しているので、1クリックで全てが見れます。




kyサンプル画面3

指数一覧です。
N225先物、気配付き歩み値や、チャート、などと、マザーズ指数、業種別指数などを表示しています。




ktuサンプル画面4

実際の発注画面。
板情報、歩み値、チャート、余力情報など、一目でわかるようになっています。



イートレード証券のHYPER*TRADE


E*トレード証券のHYPER*TRADEも充実した投資ツールです。E*トレード証券は信用取引に力を入れている感じを受けています。
要するに信用取引手数料の安さや、ボロ株も信用取引ができるようです。
当然、メインで使われている方はこのツールを使われる方が多いようです。

HYPER*TRADEサンプル画面1

HYPER*TRADEの特徴は、マウス操作だけで発注できるドラッグ&ドロップ機能があります。
これで、簡単に指値変更が可能です。



HYPER*TRADEサンプル画面2

板情報画面です。12個表示です。
大きく、見やすいですが数に不満?



HYPER*TRADEサンプル画面3

登録銘柄、チャート、ニュースなどです。



マウス操作だけで発注できるドラッグ&ドロップ機能が一番うれしいですが、あまり使われている方を知らない。
完成度としてはマーケットスピードと同レベルと評価してもいいのではないでしょうか?
条件を満たせば利用料が無料になるのは見逃せないところです。


楽天証券のマーケットスピード!


楽天証券のマーケットスピードも人気の高い投資ツールです。

マーケットスピード市況情報画面です。歩み値を左側に表示する事が可能です。

チャート画面もティックチャート、分足、日足、週足、月足と見れます。
銘柄の分析には必需品です。




マーケットスピードザラ場画面です。
3タイプ表示可能です。
画面は2タイプで板情報が1画面に15個表示できます。
残念なのは右が空いてしまうことでしょうか???
画面いっぱい使いたいところです。




マーケットスピード発注画面板注文ができるので注文も速いです。
値段をクリックすれば、あとは株数を入力するだけで発注が可能です。
素早い注文をするには強い見方になります。

配色の仕方など、とにかく見やすいツールです。
カスタマイズ可能ですが、ネットストックトレーダープレミアムのどには劣るというのが印象です。
しかし、スイングトレーダーなどには十分な機能を備えていると思います。
楽天証券で取引すれば、利用料も無料になる可能性が高く、逆指値ができるツールであるというのもポイントです。






カブドットコム証券のカブマシーン!


カブドットコム証券のカブマシーン!は基本的には松井証券のネットストックトレーダープレミアムと同一のものです。


カブマシーンカスタマイズ画面1

板情報が21、登録銘柄情報、チャート、ニュースなどです。マーケットスピードは板情報が1画面に15個しか表示できませんが、板情報だけでもその数を上回っています。




カブマシーンカスタマイズ画面2

チャートをメインに対応する板情報も合わせて表示。
もちろんサイズを小さくすることができるので表示する数を増やすこともまだまだ可能です。


カブマシーンカスタマイズ画面3

同じくチャートと板情報をセットで表示。
チャートのみの表示も可能です。



カブマシーンカスタマイズ画面4

日経225オプションや日経平均などです。
日経225先物や、マザーズ氏指数なども表示可能です。



もちろん、すべてサンプルですので自由に変更可能です。
ポテンシャルの高さがすごいです。
とにかく自分のスタイルに合わせて使うことができます。
どの投資ツールを使うかで1画面から引き出せる情報量が決まります。
デイトレーダーには必要不可欠です。
しかも、うれしいことにカブマシーンは最大2ヶ月無料になるキャンペーン中です。
是非、お試しください。


松井証券のネットストックトレーダー・プレミアム


松井証券のネットストックトレーダー・プレミアムは、3150/月と有料ながらデイトレーダーから支持されている投資ツールです。

ネットストックトレーダープレミアム


カスタマイズ可能です。


スイング向きの証券会社!


スイングトレードで重要になるのは、ロスカットだと思います。
スイングトレーダーの方は、ザラ場をリアルタイムで見れない方が多いので自動売買がある証券会社を選ぶのが良いと思います。

ヤジカブドットコム証券
W指値、Uターン注文、リレー注文など多彩な注文機能を利用して設定した条件下で自動売買させることもできる。約定確率予測ツールなど投資判断に役立つ情報が提供されている。
1ショット注文しかないので、ある程度資金が多い方でないと、手数料が高くついてしまうのが難点ですが、それをクリアーできて、自動売買を使い切れれば、これほど自動売買にこだわる証券会社はありません。

ヤジ楽天証券
通常注文付逆指値ができます。
基本的には逆指値ができればスイングトレードに向いていると思っています。
マーケットスピードも条件をクリアーすれば無料で使えます。
人気の高い証券会社で、投資ツールにお金を掛けたくない方や少額トレーダーにはオススメです。
資金が100万円以下の人はここがいいかと思います。

ヤジマネックス証券
逆指値注文・ツイン指値・連続注文・リバース注文など自動売買には強い証券会社です。
市場が終わってからも取引できる「マネックスナイター」もあります。
投資情報はリアルタイム投資情報ツールが無料で利用できるほか、JPモルガンのアナリストレポートも無料で提供されているのがうれしい。


デイトレーダー向きの証券会社!


ライブドア証券が6月末をもって、プレミアムトレードパスを終了させます。

デイトレーダーは一日の何回も取引する手法です。
手数料が安い証券会社を選択することが重要な要素になります。

ヤジオリックス証券
現在考えられるデイトレーダー向けの証券会社です。
片道手数料無料なので、実質1200万円以内が3150円と考えることができます。
上限も決まっており、大口にも対応できると思います。

ヤジ丸三証券
口座開設から2ヶ月間は手数料無料期間があります。
手数料が無料になるサービスを実施しているのはここだけです。
無料期間が終わらない内に使いたいところです。

ヤジ松井証券
4月から手数料改定になり、使いやすくなりました。
細かい手数料設定はうれしいところです。
投資ツールもいいので、発注系統と一元化できます。



総合力で選ぶ証券会社!


ヤジ松井証券
現在、総合力No.1だと思います。
取引サイトで提供される投資情報は充実している。最先端リアルタイムトレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」を無料提供開始!4月からは手数料改定で安くなりました!
デイトレーダー御用達の「ネットストックトレーダープレミアム」も提供している。

ヤジE*トレード証券
ネット証券トップの100万口座突破!!複数の投資情報を見ながら機動的に注文できるようなデザインの工夫がされている。株価通知メール、約定通知メール、乗り換え売買などアクティブな投資家にも魅力的なサービスが提供されている。
信用取引する人に選ばれているようです。

ヤジ楽天証券
自社開発のマーケットスピードを投資ツールとして提供されている。やはり人気の高い証券会社でもある。
逆指値注文までできるので、ザラ場を見れない投資家向きだと思います。


新興市場は大幅続落!!


今日の新興市場は、追証回避のために続落だったのでしょうか?
どっちにしても、連休前ということで動きにくくなっているのは確かでしょう。

今日は良さそうなものだけチョイス。

9115 明治海運 増配 

8399 琉球銀行 業績予想上方修正 

1751 日立プラント 決算 

9765 オオバ 業績予想上方修正 

1382 ホープ 決算 

6429 タイヨーエレック 業績予想上方修正 

8894 原弘産 業績予想上方修正 

5271 トーヨーアサノ 業績予想上方修正 

6338 タカトリ 業績予想上方修正 

8396 十八銀行 増配 

8056 日本ユニシス 業績予想上方修正 

3207 中央毛織 新事業計画 

2681 ゲオ ベストゲオスリーワイの子会社化 

6493 日鍛バルブ 増配 

3003 昭栄 業績予想上方修正 

8703 カブドットコム証券 決算 

8129 東邦薬品 業績予想上方修正 

5213 東芝セラミックス 業績予想上方修正 

はっきり言って、下方修正が多いです。
明るいのは、注目銘柄でも取り上げた「原弘産」が上方修正を出したことと、カブドットコム証券の決算でしょうか?
「原弘産」は月曜日には、確実に値を飛ばすことと思われます。


<ライブドア>証券子会社の早期売却検討 USEN証券誕生?


ライブドア証券 ライブドアは20日、傘下のライブドア証券(LD証券)をグループから早期に分離する方針を固めた。業務・資本提携先で経営統合も検討しているUSENへのLD証券株売却が有力視される。しかし、ライブドア側は「USEN以外でも売却交渉を行う余地はある」(幹部)と説明しており、USENの経営戦略に合致しない場合には、第三者とLD証券株の売却交渉を行う考えだ。
 LD証券はライブドアの100%子会社。ベンチャー企業の資金調達支援などを柱に収益を伸ばし、ライブドアグループの稼ぎ頭になってきた。
 しかし、ライブドアの粉飾決算事件で、前社長の堀江貴文被告らとともに法人のライブドアも証券取引法違反容疑で起訴された。証取法は、刑事罰(罰金刑以上)を受けた会社が証券会社の株式を20%以上保有することを禁止している。さらにライブドアは、同社株の上場廃止で投資家に多額の損失を被らせたことがLD証券の顧客離れにつながる事態も憂慮、LD証券を早期にグループから分離する方が得策と判断したとみられる。
 インターネット事業を中心としたライブドア本体の吸収による経営統合を検討しているUSENは、統合計画の中に、LD証券などライブドアの金融事業を含めるかどうか態度を固めていない。このためライブドア幹部は「LD証券のグループからの分離は早い段階でやらなければならず、USEN以外とも交渉の余地がある」としている。


イートレード証券が手数料値下げ!!


EトレードSBI グループのイー・トレード証券株式会社(本社:東京都港区 代表取締役執行役員社長:井土太良)
は、インターネット取引における株式委託手数料を、平成18 年6 月1 日約定分より下記の通り引き下
げることといたしましたのでお知らせいたします。今回の手数料引き下げは平成17 年7 月および10 月
に続くものであり、当社は常に業界最低水準の手数料体系を追求してまいります。


株式委託手数料体系(インターネット、モバイル端末取引)
《アクティブプラン》
【 現物・信用取引ともに 】(平成18 年6月1日約定分より適用予定)
1日の約定代金合計額 新手数料(税込) 現行手数料(税込)
~10 万円 0 円
~30 万円 300 円(315 円)
500 円(525 円)
※1.「アクティブプラン」の30 万円超の手数料体系と、「スタンダードプラン」(1注文の約定代金
に対して課金)には変更はありません。
2.アクティブプラン注意事項
・約定回数に関係なく、1 日の約定代金の合計額に応じて課金いたします。
・「国内株式現物取引」、「国内株式制度信用取引」、「国内株式無期限信用(一般信用)取引」
の「約定代金合計額」・「手数料」は各々別口として計算いたします。
・S 株は対象となりません。
・約定がない場合は手数料はかかりません。
・成行、指値ともに同じ手数料体系となります。
・各月の最終営業日大引けまでにご発注いただいた繰越注文が、月を跨いで翌月に約定された
場合は、前月(発注時点)の手数料体系を適用いたします。
3.新規に口座開設されたお客様は、プランの変更をされるまでは「スタンダードプラン」となり
ます。
今回の引き下げは1 日の約定代金合計額で手数料を計算する「アクティブプラン」について、10 万円
以下を無料、10 万円超30 万円以下を315 円(税込)とするものであり、これから株式投資を始める方を
中心に、少額から気軽に証券市場へ参加していただける環境を提供するものです。また、平成18 年4
月19 日より「株デビューするならE*トレード証券!新規口座開設キャンペーン」を実施しており、個
人投資家の証券市場への参加を積極的に支援してまいります。
当社はこれまで業界最低水準の手数料体系を提供することでお客様の投資コストの削減に努めてまい
りました。さらに、魅力ある商品・サービスの提供、強固なオンライン証券取引システムの構築などを
行った結果、平成18 年1 月にはオンライン専業証券として初めて口座数が100 万口座を突破するなど
オンライン専業証券のリーディングカンパニーとして個人投資家の皆様からご支持いただいております。
平成17 年7 月および10 月に続く今回の引き下げは顧客基盤の拡大を目指すと同時に、更なるお客様
の投資コストの削減に努めるものであります。


ヤフーが好決算でどうなる株価?


9943 ココスジャパン 決算&増配 

2717 ウルシア関東 決算 

4683 堀内カラー 業績予想上方修正 

6489 前澤工業 決算&上方修正&増配 

7452 マツヤ 決算 

2449 プラップジャパン 決算 

8921 シーズクリエイト 東証1部指定 

4842 USEN 業績予想下方修正 

9932 杉本商事 増配 

8565 三菱電機クレジット 業績下方修正 

7995 日本バルカー工業 業績予想上方修正&増配 

3891 ニッポン高度紙工業 業績予想上方修正 

6759 NECトーキ 業績予想上方修正 

2338 ザイオン 決算 

7012 川崎重工業 業績予想上方修正 

4105 メルテックス 決算 

7860 エイベックス 業績予想上方修正

2292 Sフーズ 決算 

7615 京都きもの友禅 決算 

2419 日本ERI 業績予想上方修正 

4689 ヤフー 決算 

8937 ヒューマン21 業績予想上方修正 

6727 ワコム 業績予想上方修正 


東証が時間短縮措置を解除!


 東京証券取引所は20日、ライブドア事件の影響で株式などの取引時間を通常より30分間短縮している措置を、24日に解除すると正式に発表した。

 24日以降、午後の取引開始時間を現在の1時から0時30分に戻し、取引時間は約3か月ぶりに正常化する。

 東証は、短縮措置の解除を決めた理由について、<1>最近の注文件数は処理能力の半分程度で、短縮解除による増加を見込んでも余力がある<2>システム増強が一部完了し、処理可能な1日あたりの約定(売買成立)件数が500万件から550万件に拡大した――などと説明している。

 東証は、ライブドア・ショックに伴う取引急増によって1月18日に取引全面停止に追い込まれ、翌19日から緊急対応として取引時間を30分間短縮した。当初は5月のシステム増強完了に合わせて短縮措置を解除する予定だったが、ライブドア株が14日上場廃止となり、投資家からの解除要望も強かったため、正常化を前倒しした。

 東証の深山浩永執行役員は20日の記者会見で「3か月間にわたり投資家や関係者の方々にご迷惑をかけ、おわびしたい。取引システムに対する信頼を後退させ、反省している」と述べた


USENがインサイダー!!


後場開始直後、USENが謎の急落!!
引け後にIRでました。

USENが業績予想の下方修正

これをインサイダーって言わなくて、なんて言うんでしょうか?
しかるべき措置を取るべきだと思います。
こんなことがまかり通るところが日本市場の弱さでもあり、品のないところだと思います。
投資家保護の立場を取らない証券市場に

USENのチャート


ネット証券戦国時代!!


「業界最低水準の手数料」を掲げて先行の大手や新規参入組が激しい顧客獲得競争を展開しているネット証券業界で、ライバルの他社から個人投資家を奪い取り、囲い込みを目指す動きが一段と過熱している。十八日には同業他社から株券を預け入れた顧客には現金をプレゼントする一方で、他社へ移管する際には手数料を新たに徴収するネット証券が登場した。株価の先高期待で貯蓄から投資への流れが加速するなか、競争は激しさを増すばかりだ。(原口和久)
 株式を売買する際の手数料はネット証券の登場で劇的に値下がりした。手数料をほとんど気にすることなく株取引を繰り返せるとあって、割安な手数料体系は個人投資家にとって証券会社選びの最大のポイントとなっている。
 低料金のPRに躍起なのは新規参入組だ。ネット関連のGMOインターネットが新設したGMOインターネット証券は、新しいネット技術を活用して「会社の運営コストを他社の十分の一に抑えられる」(高島秀行社長)と強調。約定代金が二十万円以下なら一回当たり百五円、五十万円以下なら三百十五円と最低水準の手数料体系を打ち出した。
 また、五月に営業を開始する証券最大手、野村証券系のジョインベスト証券は、まだ手数料体系を公表していないが、「業界最低水準に設定する」(福井正樹社長)と明言する。
 これに対抗して、先行する各社も新たな値下げに踏み込んでいる。これまで値下げ競争とは一線を画していた松井証券は四月三日から値下げを実施。一日の約定代金の合計が十万円以下なら無料、三十万円以下なら三百十五円とした。
 業界最低水準の手数料体系を武器に三月末時点で百十六万口座を確保するイー・トレード証券は、今後も最低水準を維持する意向で、さらなる値下げが見込まれる。
 一方で、カブドットコム証券は十八日、他社から株券を入庫した顧客に対して期間限定で現金(最大三千円)をプレゼントする半面、他社(グループの三菱UFJ証券を除く)に株券を移管した場合の手数料(八百四十円)を徴収すると発表した。五月一日からの実施で、現金プレゼントは七月末まで。
 証券会社間の株券移管は以前、無料だったが、大手証券から売買手数料の安いネット証券への移管が相次いだことで、野村が今年二月から、大和証券が昨年八月から有料化に踏み切った。
 今回の有料化についてカブドットコムは「手続きにかかる実費をいただく程度。むしろ有料化にしたことで、『あそこに株券を移すと他社に移しにくくなる』として投資家から敬遠される恐れもある」(臼田琢美常務執行役)と説明。ただ、他のネット証券が追随する可能性もあり、結果的に顧客囲い込みの手段として注目されそうだ。
(産経新聞) - 4月19日3時25分更新


E*トレード証券・新規口座開設キャンペーン


EトレードSBIグループのイートレード証券が合計4000円をプレゼントする新規口座開設キャンペーンを開始。


今回実地するキャンペーンでは期間中に口座季節していただいたお客様を対象に、もれなく現金1000円をプレゼントいたします。さらに、口座開設に加えて期間中に30000円以上のご入金をいただいたお客様二対かで現金3000円、合計4000円をプレゼントいたします。

当社はこれまで、顧客中心主義の経営理念のもと「業界最低水準の手数料体系で業界最高水準のサービス」の提供に取り組んでまいりました。この取り組みをご評価いただいた結果、平成18年1月にはオンライン専業証券として初めて口座数が100万口座を突破するなど、平成17年4月以降の1年間で575,035口座を新規にご開設いただきました。なお、当社に新規に口座を開設されたお客様の属性を見ますと年代では20代の方の割合が増加しており、さらに全体のやく65%が株式投資未経験のお客様です。
 このことから今後も個人投資家の株式市場への参加は拡大すると考えており、今回実地する「株デビューするならE*トレード証券!新規口座開設キャンペーン」は、これから株式投資をはじめる方を中心に個人投資家の証券市場への参加を支援するとともに、当社を投資パートナーに選んでいただいたお客様への感謝の意を込めて実地するものです。

今話題のオンライン証券、始めるならE*トレード証券へ!


日経平均は続伸だが、やや上値の重い展開に


19日の東京株式市場は続伸、日経平均が前日比117円26銭高の1万7350円12銭、TOPIXが5.57ポイント高の1747.32で引けた。東証1部の出来高は概算で16億9283万株とやや少ないが、売買代金は2兆6341億円と2兆円を超えた。前日の米株式相場が利上げ抑制観測を背景に急反発したことから、買い安心感が広がり、幅広い銘柄に買いが集まった。ただ高寄り後は利益確定売りに押されたことから、安値引けとなった。市場では「株価はもたついてはいるが、底値は保っている」との見方がある一方で、原油高や長期金利の先高感など不透明要因が今後も影響する、との指摘もある。来週は国内ハイテク株の決算発表があることから好業績を確認したいとの思惑も、やや上値の重い展開につながったようだ。
 前日の米国株式市場で今年最大の上げ幅を記録したのに加えて、テキサス・インスツルメンツやIBMといった主力ハイテク銘柄の好業績発表が相次いだため、国内主力企業への期待感も広がって買いが先行した。イースター休暇が終わって海外投資家が取り引きに戻ったことも相場を押し上げた模様だ。半面、前日と合わせて株価が急伸したことから、利益確定の売りも活発化。全体としては積極的に上値を追う動きは限定的にとどまった。
 業種別で見るとハイテク株を中心に電機株、キヤノン、リコーの精密株を始め、医薬品や卸売、情報通信が買われた。一方、原油高を嫌気して空運、海運や消費者金融株が値を下げた。

今日の気になるIR  

4835 インデックス業績予想修正 

7871 フクビ化学工業 監理ポスト割り当て 

2444 セレブリックスHD 業績予想上方修正

1884 日本道路 業績予想上方修正 

4845 フュージョン 決算&上方修正 

4770 エルミック・ウェスコム 自己株式買い付け 

8190 ヤマナカ 業績予想の修正 

4820 イーエムシステムズ 業績予想上方修正 

7260 富士機工 業績予想下方修正 

2706 ブロッコリー 決算 

9729 トーカイ 業績予想上方修正 

6819 オメガHD 業績予想修正 

1980 ダイダン 業績予想下方修正 

2454 オールアバウト 決算 

2596 キューサイ 業績予想上方修正 

4293 セプテーニ 業績予想上方修正 

5279 日本興業 業績予想下方修正 

6391 加地テック 増配 

9755 応用地質 KCS経営支援の合意 

8942 シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ 業績予想上方修正&増配 

1378 雪国まいたけ 業務提携 

9623 キャノンソフト 決算 

7425 初穂商事 株式分割1:2

1737 三井金属エンジニアリング 業績予想上方修正 

7233 自動車部品 業績予想下方修正 

9478 エヌジェーケー 業績予想上方修正 

9995 イーストンエレクトロニクス 業績予想上方修正 

8493 インター 業績予想下方修正 


今日のIR一覧


6023 ダイハツディーゼル業績予想上方修正 

4788 サイバーコミュニケーション業績予想修正 

1400 アライブ・コミュティ決算&中期経営計画修正 

7518 ネットワンシステム業績予想下方修正 

6702 富士通業績予想修正 

7984 コクヨ 業績予想修正 

6950 ワイイーデータ 増配 

3348 ジートレーディング 決算 

6665 エルピーダメモリー 業績予想修正 

8882 ゼファー 業績予想上方修正 

9951 カーマ 業績予想上方修正 

9953 ダイキ 業績予想下方修正 

3376 オンリー 決算 

5939 大谷工業 業績予想修正 

7894 丸東産業 決算 

6316 丸山製作所 業績予想下方修正 

8066 三谷商事 業績予想上方修正 

3741 セック 業績予想上方修正 

1311 ニチロ 業績予想下方修正 

3501 住江織物 業績予想上方修正&増配 

8132 シナネン 業績予想上方修正 

2927 アムスライフサイエンス 決算 

9793 ダイセキ 決算 

2689 ゴールドパック 決算 

今日はあまりパッとしない感じです。
素直に好業績、人気株をマークした方が良さそうです。


ドリームテクノロジーが平成電電の支援中止


ドリテクがストップ安ウリ気配、平成電電に対しスポンサー支援を中止

 ソフト開発やネット接続を手掛けるドリームテクノロジーズ <4840> が2000円ストップ安の1万5920円でウリ気配。16日に平成電電に対する再生のためのスポンサー支援を中止すると発表したことが売り材料視されているもよう。
 平成電電は他事業者の直収電話サービスへの参入や値下げによる競争環境の激化などにより、収益が低迷。05年10月3日には東京地方裁判所に民事再生手続き開始の申し立てを行った。ドリテクは同年12月12日に平成電電に対する再生支援のためのスポンサーとなることを決定し、支援活動を行っていたが、平成電電からの再生計画の内容や情報提供の不十分さから支援が困難と判断した。
 平成電電の再生が実現しない場合、業績への影響についてドリテクでは、ISP事業や連結子会社平成電電コミュニケーションズのマイライン事業で売上減少の可能性や債権の回収可能性に悪影響が及ぼす可能性があるという。また、平成電電が保有するドリテク株式を売却する場合は買い取るようだ。
 平成電電は破産申請へ。

これが今日のインパクトあるニュースかな

今日のIR一覧。

2439 アメンド 業績予想下方修正 

5905 日缶 業績予想上方修正 

5480 日本冶金工業  第5回無担保転換社債型新株予約権付社債の発行 

7879  ノダ 決算 

7603 マックハウス 決算 

9658 ビジネスブレイン大田昭和業績予想上方修正 

3377 アイケイコーポレーション 決算&配当開始 

7962 キングジム 決算 

1734 北弘電社 業績予想下方修正&減配 

2683 魚喜 決算 

4797 アイ・シー・エフ 平成18年3月期3月度月次売上高(連結)に関するお知らせ 

9709 日本コンピューター・システム 業績予想下方修正 

6671 アーム電子 業績予想下方修正 

6384 昭和真空 業績予想上方修正 

3775 ガイアックス 業績予想下方修正 

7584 丸紅インフォテック 業績予想下方修正 

7467 萩原電気 業績予想上方修正 

6942 ソフィアシステム  株式会社YOZANとWiMAXサービス関連合弁会社設立に関して基本合意締結 

3351 TRNコーポレーション 決算 

3593 ホギメディカル 中期経営計画 

8216 どん 決算&中期経営計画 

2209 井村屋製菓 業績予想下方修正 

9781 石川島汎用機サービス 業績予想上方修正 

9351 東洋埠頭 業績予想下方修正 

6142 富士精工 決算 

8008 アスティ 決算 

6658 シライ電子工業 決算&記念配  

4023 クレハ 増配 

4669 ニッパンレンタル 業績予想上方修正 

9709 メデカジャパン 決算 

2670 エービーシーマート 決算 

8237 松屋 決算 


8894 原弘産


最近の注目銘柄です。

8894 原弘産

不動産業出発ですが、風力発電や太陽光発電まで手掛けています。
4月24日には決算発表を控え、アナリストの中には利益倍増との強気の見方もあり、目が離せません。

株価は底打ち後、すでに上昇しています。
ここから先はサプライズがなければ、決算直後は上昇しないかも分かりませんが、成長力はあると見ています。

原油の高騰などでエネルギー関連は注目セクターになると思います。クリーンエネルギーであるというのも見逃せない。


8707 岩井証券が手数料値下げ!


岩井証券が5月8日よりインターネット取引のアクティブコースの手数料を値下げします。

※アクティブコースとは、約定代金毎の定額コース

岩井証券新手数料


適時開示情報


今日のIR一覧  

2379 ディップ 決算 
 
8946 陽光都市開発 不動産流通事業への進出

6312 フロイント産業 決算 

4834 キャリアバンク 決算  

2798 ワイズテーブル 決算 

1378 雪国まいたけ 業績予想下方修正 

7725 インターアクション 決算  

7649 スギ薬局 決算&増配  

7475 アルビス 業績下方修正 

3716 アーティストハウス 業績予想下方修正  

8997 日本パーキング 決算 

6668 アドテックプラズマテクノロジー  

6159 ミクロン精密 決算  

7415 新星堂 業績下方修正  

8923 東誠不 決算  

8922 IDU 決算  

3605 サンエーインターナショナル 決算

9841 BMB 業績予想下方修正 
  
2726 パル 決算&スーパーラバァーズと業務提携  

3760 ケイブ 決算  

2531 宝HD 業績予想下方修正  

8993 アトリウム 決算  

9037 ハマキョウレックス 業績予想修正  

7493 マルミヤストア 業績予想下方修正  

6478 ダイベア 業績下方修正  

4974 タカラバイオ 業績下方修正  

5819 カナレ電気 業績上方修正 

8887 リベレステ 決算  

2714 プラマテルズ 業績上方修正 
 
8890 レーサムリサーチ 業績予想上方修正  

1997 暁飯島工業 決算  

3791 プロダクションアイジー 業績下方修正  

7997 くろがね工作所 決算  

5820 三ツ星 業績下方修正  

9978 文教堂 決算  

8886 ウッドフレンズ 決算  

7501 ティムコ 決算  

7219 エッチ・ケー・エス 決算  

2924 イフジ産業 業績下方修正  

3740 フレームワークス 決算  

2411 ゲンダイエージェンシー 決算  

さすがに金曜日なのでIRが多くて大変でした。
ここにピックアップした銘柄は、翌営業日のデイトレ銘柄ににもなると思います。
参考にして下さい。


GMOインターネット証券!!


気になる手数料体系です。

1.「安い」~業界最低水準の手数料体系を実現~
1注文の約定代金 手数料 (税込み)
~20万円 105円
~50万円 315円
~100万円 525円
~150万円 735円
~300万円 1,050円


※1取引あたり約定代金が300万円を超えるものについては、1,260円を取引手数料の上限とさせていただきます。

安くない・・・・。
誰もがそう思うはずです。

しかも注文画面のサンプル↓
発注画面

めんどくさそう。

定額制も導入予定らしいですが、まだ先になるようです。


適時開示情報


今日の気になるIR一覧

2559 ジャパンフーズ業績予想下方修正 

6739 アドテックス民事再生手続開始申立て 

3606 レナウン業績予想上方修正 

4114 日本触媒 新長期経営計画 

4771 エフアンドエム増配 

6652 IDEC業績予想上方修正 

7607 進和 中間決算

8167 丸久 決算 

3736 コネクトテクノロジーズ業績予想下方修正  

8941 レイコフ決算&業績予想上方修正 

4765 モーニングスター決算 

7427 エコートレー決算 

9983 ファーストリテイリング中間決算 

2918 わらべや決算 

3344 ワンダーコーポレーション決算&増配 

8170 アデランス決算&増配 

8235 松坂屋決算 

9787 ジャパンメンテナンス決算 

9895 コンセック業績予想下方修正 

※リンクつけときました。


GMOインターネット証券!!


GMOインターネット証券が平成18年4月24日から口座開設を受け付ける。
取引の開始は5月12日からです。

http://disclose.finance.livedoor.com/pdf/2006/04/13/240d07d0_20060413.pdf

気になる手数料はまだ発表されていませんが、日本で一番安い証券会社にすると公言されてるので、かなり期待できると思います。
しかも、フリーで立ち上げるので、初期投資は7億円です。
無駄を省けば、いくらでも安くなる証券会社の手数料。
今までが高すぎたという結論になりそうです。

野村HDのジョインベスト証券、サイバーエージェントが筆頭株主になったジェット証券、ライブドアを子会社化するUSEN。
対するは、ネット証券既存組み!

ネット証券戦国時代、勝つのはどこだ!!

出てこいや~~~!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。