ネット証券ニュース、適時開示情報の紹介、インサイダー?情報など、株式投資で必要な情報を提供します。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大変長らくお待たせいたしました!!


東証がシステム増強、1日500万件→700万件

 東京証券取引所は16日、株式の売買注文を処理するコンピューター・システムの能力を5月中に増強する方針を明らかにした。

 1日当たりの注文受け付け件数の上限を現行の900万件から1200万件に、約定(売買成立)件数を同じく500万件から700万件に引き上げる。21日の取締役会で正式決定する。システム増強に合わせ、1月19日から行ってきた午後の取引時間の短縮措置も解除し、通常の取引時間に戻す方向で検討している。

 東証は、年末までにシステムの能力を注文受け付け件数で1400万件に、約定件数で800万件に引き上げる予定だった。しかし、ライブドアへの強制捜査後の1月18日に約定件数が激増し、システムの処理能力不足から取引停止措置に追い込まれたため、計画の一部を前倒し実施することにした。

 東証は個人投資家などの取引増加に対応するため、2005年から06年初めにかけて3回にわたってシステムを増強、1日当たりの注文受け付け件数を540万件から900万件に、約定件数を300万件から500万件に拡充してきた。

 しかし、1月18日には、約定件数が処理能力の限界に迫り、取引終了時間の20分前に売買を停止した。翌19日以降は、午後の取引時間を通常より30分間短縮するという「緊急避難措置」(東証幹部)が続いている。

 このため、東証としては、システム増強の一部前倒しと取引時間の正常化を同時に行うことによって、市場環境の整備や投資家の信頼回復を図りたい考えだ。

 ただ、インターネットを通じて一日のうちに売買するデイトレードなどは今後も増え続けるとみられ、今回の能力増強がシステム不安の抜本的な解消につながるかどうかは不透明だ。
(読売新聞) - 2月16日15時15分更新

やっとですか。
しかし、午後の取引時間の短縮措置の解除はもしかして5月までではないよな・・・・・


スポンサーサイト

9514 ファーストエスコ(FESCO)


日本発の省エネルギーの支援会社です。
起業の省エネ診断から設計・施工。運用まで請け負う!

バイオマス発電設備の故障により増益予想から赤字に下方修正しました。
推定の損害額は2~3億円程度ですが、保険でカバーできるようです。

チャート的には上場来安値を更新中ではあるが、成長性や事業形態を考慮すると、今は買い時かもしれません。
中期辺りではおもしろい銘柄だと思います。

今日も先物主導で日経平均は大幅な下げになりました。
いい加減、東証は先物とのタイムラグを真剣に考えなければいけないと思います。
この辺の対処などが非常に遅いような気がします。
何を考えているのでしょうか???


上場廃止&・・・


[ライブドア]主力行が新規融資を拒否 法人の告発受けて
 三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などライブドアの主力取引銀行が、同社向け新規融資には一切応じない方針を固めたことが11日、明らかになった。同社株の上場廃止の懸念が出ていることに加え、証取監視委が10日、法人としてのライブドアについても証取法違反容疑で東京地検特捜部に刑事告発したことを受けた措置。

上場廃止も見えてきましたが、それプラス融資拒否により会社の存続も危なくなってきました。
やはり、買収されるのかも・・・・。


インサイダー発見!


8896  菱和ライフクリエイト

菱和ライフクリエイト


今日決算発表の銘柄です。
引けにかけて、急速に売り込まれています。
明らかに決算の内容が漏れたというのが想像できます。

ライブドアの告発はいいけど、目立たないと動かないのかな?
証券取引等監視委員会は??
動かないなら、税金の無駄だから解散すれば???
真面目にやれ!!


<株売買単位見直し>


<株売買単位見直し>東証に新たな課題 調整は難航も

 2日の参院予算委員会で、東京証券取引所の西室泰三社長兼会長と与謝野馨金融・経済財政担当相がそろって株式の売買単位の見直しを表明し、東証にまた新たな課題が浮上した。株式の売買単位がバラバラなことが、昨年来相次いだ誤発注や売買システムの障害の一因になった。売買単位統一のための事務手続きなど、企業側には負担を嫌うムードも強く、今後の調整は簡単ではない。
 株式の売買単位は米国市場が原則100株なのに対し、日本市場は1、10、50、100、200、500、1000、2000、3000の9種類もある。東証でも7種類あり、1000株単位が主流だ。1月の日興シティグループ証券の誤発注は、日本製紙グループ本社株を2株買うところを2000株と間違えた。同株の売買単位は1株だが、合併前の旧日本製紙時代に1000株だったため混同した。
 西室会長は、09年に株券が電子化され、株券の発行がなくなるのに合わせ、証券のプロも間違える売買単位の見直しを検討すると表明した。
 東証は、上場企業に売買単位の引き下げを促してきた。実際、引き下げが個人投資家のすそ野を広げた効果があったが、株券発行の経費負担増もあって消極的な企業は多い。売買単位の引き下げは議決権の単位の引き下げも意味するため、「株主対策上、嫌う企業は多い」(市場関係者)。
 逆にライブドア以外にも売買単位が1株の企業は東証だけで242社にのぼる。なかにはNTTドコモなど株価が高い企業もあり、最低取引単位が高額になり、投資家が手を出しにくくなる。このため、「売買単位の統一は事実上不可能」(大手証券)との見方も強い。【後藤逸郎】
(毎日新聞) - 2月2日22時20分更新

確かに単位の統一もいいかもしれないが、現実は無理でしょう。
今でも1株100万円の株が多くあることを考えれば、投資単位を引き下げるべきだと思う。
システム障害で個人投資家が起したような言い方もされているが、それは問題のすり替えであって、ただ、東証のシステムが弱いだけの話です。
世界的に見ても個人投資家を締め出すような国はない!
投資単位を引き下げて個人投資家の参加をプラスに捉えられないとダメである。
そのかわり、1000円とか、9万9800円などの、値幅を見直せばいいのではないかと思う。
投資単位を変えることは株価に影響を与えてしまうが、例えば1000円台の株は今は1円単位で動いているのを10円単位で動くようにすれば、これだけでもシステムの負担は減るはずです。
しかも、株価にも影響はないでしょう!
東証さん、そんな所からでもいいですよ!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。